すべり症の予防に効果的なこと

すべり症という病気について

病気の中には、「すべり症」という症状があります。

この症状名は、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?

すべり症は、加齢に伴い患いやすくなる症状で、ご年配の方を中心に見られる症状となっています。

特に女性は、加齢に伴って「閉経」していきます。

閉経すると女性ホルモンの分泌が衰えてくるため、このホルモンバランスの乱れが原因で、すべり症になる事もあるのです。

加齢に伴う症状の中には、「腰痛」も挙げられますが、すべり症になった場合は、腰の痛みだけに留まらず、下半身全体にかけての痛み、足のしびれなども感じる事があります。

この症状の重さは人によっても様々で、ひどい方だと、特に何もしていない時でも痛みを感じる事があったり、歩行困難になる事もあります。生殖器にかけての痛みも感じる事があります。

また、すべり症では、冷えも伴う事もあり、症状の現れ方は個人差もありますが、最も多い症状として腰痛があります。奈良 整体でも若い少年たちのスポーツ活動で腰痛が発症する場合は、分離症をうたがってみることが必要になってくると説明されました。

大人になると、同じ姿勢を続けたり、長い時間の立ち仕事や重労働のあとで痛みが強くなったりましす。鈍痛で、体を後ろに反ると強い痛みがあります。

また、成人以降は神経根症状の脚の痛み・しびれが出てくることがあります。 埼玉 リハビリの先生は症状が軽いのであれば、そこまで心配することはありませんが、腰痛が主な症状である場合は、保存療法で改善が見られないときのみが手術療法への懸念が必要になってくるため注意が必要であるとおっしゃいました。

下肢のしびれ・痛みがある場合は、手術の時期が遅くなってしまうと改善が得られにくいこともあるので江南市 マッサージでは、タイミングを見て整形外科で相談されることも視野に入れておすすめしています。

血行を良く、体を冷やさない

それでは、このすべり症を予防するには、一体どのような点に気を付ければいいのでしょうか?

予防方法にはいくつかありますが、一番大事な事は、血流を良くしておき、体を冷やさない事です。

特に年を重ねるごとに、私達の体は血行が悪くなっていく傾向にあります。

適度な運動(ウォーキングやエクササイズなど)を行い、日頃から体の筋肉や関節を使い、柔軟にしておき、血流を行き届かせる事が大切です。

血行を良くする事は冷え対策にもなります。

冷えを予防していけば、血流が良くなり、すべり症予防に役立つのです。


公開日:
最終更新日:2014/07/14

no image
すべり症になりやすい年齢

すべり症になりやすい人は? すべり症は、どんな方が患ってしまう病気な

no image
すべり症のリハビリ方法

すべり症の治療法 すべり症になった時には、いくつか治療法があります。

no image
すべり症のタイプは何がある?

すべり症に多いタイプ すべり症にもいくつかタイプがあるのはご存知でし

no image
すべり症の手術って?

手術は必ず必要? 病気の中には、「すべり症」という病気があります。

no image
コルセットではすべり症は治らない?

腰椎すべり症にはコルセット すべり症は、若い方でもお年寄りの方でも関

→もっと見る

PAGE TOP ↑