長時間のデスクワークがすべり症の原因

公開日: : すべり症の原因など

すべり症の原因

すべり症になってしまう原因はいくつか挙げられますが、その中の一つには「デスクワーク」が挙げられます。

ご自分の仕事柄、机で座って長時間作業している事が多い方、いませんか?いらっしゃいましたら要注意です。

今は何の症状も表れていなくても、年を重ねるごとに、顕著に症状が表れていく事が考えられます。

10代など若い頃は柔軟性があるので、デスクワークが続いても自覚症状もなく問題なく過ごせてしまいますが、20代頃からちょっとずつ症状は表れ、早い方だと中年期から自覚症状(痛み)などを感じるようになってきます。

将来、痛い思いをしないためにも、早い段階から予防していく事が必要かもしれませんね。

なぜデスクワークですべり症になるのか?

なぜデスクワークをしていると、すべり症に発展しやすいのでしょうか?

デスクワークは、ずっと椅子に座り続けている態勢です。

このような態勢が長時間続いてしまうと、確実に腰に負担がかかってきてしまいます。

若い頃は初期症状が感じられなくても、加齢と共に痛みを感じるなど、自覚症状が出てきます。

腰に負荷がかかる姿勢、つまりデスクワークの時の姿勢を継続する時には、適度の休憩を挟み、体を動かすといいでしょう。

デスクワークの多い人が気をつけるべき事

職業柄、デスクワークがどうしても避けられないという方も多いです。

そのような方は、すべり症を予防するために、ご自分で意識的に予防策を実行していく必要があります。

例えば、デスクワークをずっと続けるのではなく、時間を見計らってデスクから離れ、立ち上がって別の作業をしたり、腰を回したり、軽いエクササイズをやるといいでしょう。

マッサージも効果的です。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
すべり症になりやすい年齢

すべり症になりやすい人は? すべり症は、どんな方が患ってしまう病気な

no image
すべり症のリハビリ方法

すべり症の治療法 すべり症になった時には、いくつか治療法があります。

no image
すべり症のタイプは何がある?

すべり症に多いタイプ すべり症にもいくつかタイプがあるのはご存知でし

no image
すべり症の手術って?

手術は必ず必要? 病気の中には、「すべり症」という病気があります。

no image
コルセットではすべり症は治らない?

腰椎すべり症にはコルセット すべり症は、若い方でもお年寄りの方でも関

→もっと見る

PAGE TOP ↑